MENU

専業主婦でも借りられるカードローンとは

お金を借りることができる金融機関には銀行カードローンと消費者金融があります。
金利は会社によって少しずつ異なりますが、例えば銀行カードローンでは1.8%〜14.5%、消費者金融では3%〜18%と銀行カードローンの方が低金利となっています。

 

このような金利の差は、銀行カードローンでは自社のお金で営業していますが、消費者金融では資金を借り入れて営業しているために生まれるもので、消費者金融はその分利益を多くしなければならないため、銀行よりも金利が高くなってしまいます。

 

金利は1.8%〜14.5%と下限〜上限で書かれていて、借入れをすると大抵の場合は上限金利が適用されるために、上限金利が低ければ低い程、低金利で借入れできることになります。
そのため、借入れの際は下限金利が低くても、必ず上限金利を見て各社の金利を見比べることが大切です。

 

また、借りた金額が変わらなくても、金利数%の差で最終的には返済額に大きな差がでてくることもあるため、各社のホームページに用意されている返済シミュレーションなどを利用して比較してみることがおすすめです。

 

無利息期間を利用することによって、その期間内に返済を終わらせることができれば利息0円で借入れできるというメリットがあり、必ずその期間内に完済できる見込みがある場合はとてもお得で便利なサービスです。

 

その期間内に返済しない場合も、通常の借入れと比べると利息0円の期間があるために最終的に利息の負担を軽くできる場合もあります。なるべく無利息期間内で返済し、上手に活用するのがおすすめです。

 

デメリットとしては、無利息期間を実施している金融機関は消費者金融が多く、もし計画通りに返済できなかった場合は無利息期間後の金利が高く、返済の負担が大きくなる点が挙げられます。
そのため、高額な借入れやあらかじめ返済が長期間になりそうな場合は、無利息期間がなくても低金利な金融機関で借入れをする方がメリットが多い可能性があります。

 

また、無利息サービスを行っている金融機関のほとんどは、初めての借入れ時にのみ利用できるという条件があるため、2回目以降の借入れでは無利息期間がなく、注意が必要です。
低金利で借りたい場合は、金利が低いカードローンを選んで借入れをすることが1番の条件となります。

 

無利息期間や即日融資、返済方法、手数料などを比較して自分に一番合う会社を選ぶと納得して利用することができます。

 

専業主婦専用のカードローン
サイトタイトル専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローン
URL:http://xn--eckn7b4a2bzmob9bwec6643f9r4a8me930d.com/

 

金利が安いカードローン会社がまとめられているサイトはこちらです。
総返済額を少なくして利用したい専業主婦の方必見です。